ドコモをお使いの方なら誰でもご利用頂けるキャリア決済の一つであるドコモ口座ですが、簡単に現金に換える事が出来るのはご存じでしょうか?

携帯電話のキャリア決済枠を現金化する中で、手続きがもっとも簡単で一番早く入金してもらえるのはこのドコモ口座の決済枠になります。

ですが、あまり馴染みがない決済機能になるため、利用方法をよく分かっていない方も多いですね。

今回は、ドコモ口座の概要から現金化手順まで詳しく説明させて頂きます。

資金繰りでお困りの方は是非「ドコモ口座」の現金化をご利用下さい。

ドコモ口座の現金化手順

基本的にはどの現金化業者でも手順は同じです。

ステップ① / フォームから申込み
ステップ② / ドコモ口座同士の送金手続き
ステップ③ / 指定口座に入金

こちらの③ステップで現金化は完了します。

まず、フォームからの申込みは常識ですよね。

各業者の申込みフォームにある必要事項を入力し、そのまま申込み手続きをおこなって下さい。

次にドコモ口座同士の送金手続きですが、キャリアがドコモ同士であればキャリア決済枠を送金する事が出来ます。

考え方としては、ドコモ口座に設定してあるキャリア決済枠を業者に買取ってもらうと言う事ですね。

他のキャリア決済機能の現金化手続きと異なる点は、商品を購入する必要がないため、手間が少ないと言う点になります。

例えば「ドコモケータイ払い」を現金化する場合、業者側の指定商品をドコモケータイ払いから購入する必要があるのですが、「ドコモ口座」を現金化する場合、業者側のドコモ携帯とやり取りする事となるため、商品購入手続きと言う手間を省く事が出来ます。

そのため、数あるキャリア決済機能を現金化する中で、ドコモ口座が一番最短で入金してもらえるのです。

ドコモ口座とは?

そもそもドコモ口座とは、お手持ちの携帯電話で簡単に現金を送ったり受け取ったり出来る機能になります。

もちろん、他のキャリア決済機能と同じでネットショッピングやアプリの支払いにも利用する事が出来ます。

インターネット上で利用出来るバーチャルマネーと認識頂ければ分かりやすいかと思いますね。

このドコモ口座の決済枠は、ご自身で引き出す事は出来ません。

あくまでインターネット上でのみ利用する事の出来る仮想通貨ですので、この点はしっかり把握しておきましょう。

ドコモ口座の利用方法

ドコモ口座を利用するためには、その口座を開設する必要があります。

口座を開設と言っても身分証を提出したり、書類のやり取りをする必要はありません。

ドコモ口座と言うサービスを利用するため、ドコモの利用規約に同意をする必要があると言う事です。

何かしらのアプリを新しく登録するような感覚でお考え頂ければ分かりやすいですね。

もちろんドコモ口座は無料でご利用頂く事が出来ますし、開設するまで約1分と誰でも簡単に登録する事が出来ます。

開設後からすぐに利用する事が出来る点も魅力を感じますよね。

ただ、ドコモの携帯電話1回線で1口座の利用となるため、複数開設する事は出来ませんので注意して下さい。

ドコモ口座の決済枠

ドコモ口座からご利用頂ける決済枠は基本的に2万円までと上限が決まっています。

同じドコモの別のキャリア決済機能である「ドコモケータイ払い」は上限が5万円となるため、それに比べるとやや低めの設定となっています。

ドコモをお持ちの方でドコモ口座の開設手続きをおこなえば誰でもすぐに利用出来る利便性がある反面、決済枠が低いと言うデメリットもあるのですが、この点においては仕方ないと割り切るしかありません。

利用したドコモ口座の代金支払いサイクルですが、毎月、月末で締めた利用料金を月々の携帯電話料金と一緒にお支払いする事になるため、他のキャリア決済枠の支払いサイクルと一緒になりますね。

また、毎月1日に前月利用したドコモ口座の決済枠が戻りますので、翌月の月初からは通常通り利用する事が出来ると言う事ですね。

ドコモ口座で現金化する利点

これらを読んで頂ければご理解頂けると思いますが、ドコモ口座での現金化は「手軽・簡単・早い」の3拍子揃った使い勝手の良い現金化サービスだと言えます。

決済枠の少なさはデメリットになってしまうのですが、それを補うだけのメリットが多い現金化手法になります。

今すぐにでも現金が必要な方でドコモの携帯電話をご利用されている方は、ドコモ口座での現金化を検討しても良いかと思います。