お金を工面する方法は沢山ありますよね。

その中でも、ここ最近で特に注目を集めているサービスが携帯キャリア決済現金化です。

携帯電話料金の現金化、携帯決済現金化と呼ばれる事もありますが、こちらのサービスは携帯電話に備わっているキャリア決済枠を現金に換金するシステムとなり、学生、社会人、主婦など幅広い層の方々から人気を得ています。

そこで、こちらでは携帯キャリア決済現金化をおこなうための具体的な方法についてご紹介したいと思います。

現金化業者の方から指定された換金率の高い商品を購入し、その商品を買取ってもらう方法が買取方式の現金化になります。

多くの方がキャリア決済枠を現金化しようとした場合、まず初めに思い浮かぶ方法として、高く売る事の出来る商品を携帯決済機能を使い購入し、その商品をお店で売る事だと思います。

ですが、個人でキャリア決済枠を現金化しようとした場合、換金率の低い商品を選んでしまう事もあります。

現金化専門の業者を利用すれば換金率の低い商品を選んでしまうリスクは最大限抑える事が出来ますので、その分、手にする事の出来る現金は多くなります。

デメリットを上げるとすれば、申込み手続きなどに手間が掛かってしまうと言う事ですが、こちらは個人で購入した商品を店舗に出向いて売る場合でも同じなので、そこまで気にする必要はありません。

また、今ではインターネットから全ての手続きをおこなえる業者も増えているため、手続き自体にそこまで時間も掛からず、即日入金に対応している業者も多いため使い勝手が良いのも魅力の一つです。

申込みのキャンセルに対応しない業者には注意しよう!

お金を手軽に工面する方法として注目を集めている携帯キャリア決済現金化サービスですが、もちろん申込み後にキャンセルする事も出来ます。

商品の買取依頼をおこなってしまうとキャンセルは出来ませんが、申込みだけの状態でしたら問題無く取り引きを中止する事が出来るのです。

ですが、悪質な業者になると、キャンセルをおこなおうとした途端に態度が急変したり、理不尽な理由でキャンセルは出来ないと脅してくるような場合もありますので注意が必要です。

どの商売にも共通して言える事ですが、客商売をおこなっている以上、利用者の事を考え、ある程度丁寧な対応を取る事は当たり前です。
ただ、残念な事に、全ての業者が優良なサービスを提供しているとは限りません。

キャンセルをしてしまうと業者側は売り上げを逃がしてしまう事になるため、キャンセルを申し入れた利用者に対して態度が急変するような場合もあります。

このような悪質業者を利用しないためにも、色々な業者を様々な視点から比較し、慎重に選ぶ必要があるのです。

そこで気になるのが、キャンセルを申し入れた場合、業者の態度はどのように変わるのかと言う事ですが、こちらに関しては各業者によって異なります。

一番多いのは理不尽な理由を淡々と説明し、キャンセルを受け付けないケースです。

内容としては「このままキャンセルしてしまうとキャンセル手数料、違約金が発生する」などが多いですね。

当たり前ですが、キャンセルに対して手数料、違約金が発生する事はありません。

ですが、中には怖くなって手数料、違約金を払ってしまったり、キャンセルを取り辞め、そのままサービスを利用してしまう方もいらっしゃいます。

いくら申込みをしたからといって必ず利用する必要はありませんし、途中で気が変わる事もあります。

もし、キャンセルに対して手数料、違約金が発生すると言われた場合は「警察に出向きます」「弁護士に一度相談します」と伝えて下さい。

通報されて一番困るのは、理不尽な対応を取っている業者側です。

このような場合は弱気にならず、拒否する姿勢を相手に示す事が非常に大切です。

現金化のトラブル事例

携帯電話をお持ちの方なら誰でもご利用頂ける携帯キャリア決済現金化は非常に便利なサービスとして人気を得ています。

ですが、利用する業者によってトラブルも起こっていると言う事はご存知でしょうか?

これから初めて携帯キャリア決済現金化サービスを利用される方に向け、トラブルに巻き込まれないよう、実際にあったトラブルの事例を紹介したいと思います。

一番多いトラブルは、現金を後日振込みますと言われたまま、いつまで経っても入金されないと言った事例です。

こちらは全ての現金化サービスの中でも一番多いトラブルなので必ず注意しなくてはいけません。

通常、現金化業者は換金率を何パターンか用意しており、即日振込みより数日後の振込みの方が換金率を高く設定している場合が多いです。

そのため、現金を工面したい日に合わせ、数日後の振込み予約をおこなう方も多いのですが、振込み予定日を過ぎても入金されないと言う被害に遭う場合もあります。

インターネットバンキングの契約をおこなっていれば、リアルタイムで入出金の確認が出来るため、比較的早く被害に気付きますが、あまり細かく入出金を確認していない方だと、数日後にやっと被害に気づき、慌てて業者に電話をしてみると既に使われていなかったと言う事もあります。

今現在では、インターネットをメインにサービスを提供している業者が多いため、中には最初から詐欺行為を働こうと考えている悪質な店舗もあるため注意が必要です。

対策を上げるとすれば、それこそ利用しようと考えている業者の事前リサーチですね。

また、申込みをする前に電話で問い合わせてみるのも効果的です。

利用するなら真っ当なサービスを提供している正規店を選ぶよう慎重に業者選びをおこなって下さい。