携帯電話で現金化する際に利用すると便利な銀行口座や、現金化の注意点、強制的な携帯の利用停止に関しての情報をまとめました。

安全、快適にキャリア決済現金化サービスをご利用頂くために、必ず覚えておかないといけない重要事項でもありますので、是非、一度、こちらの基礎知識をご覧下さい。

携帯電話の現金化が利用出来る口座なのか確認しよう!!

携帯キャリア決済現金化

色んなメリットのある携帯電話のキャリア決済現金化ですが、実際、現金化と言うサービスは様々なシーンで利用されていますし、それを専門とする業者も数多く存在します。

「突然お金が必要になったのなら、銀行や消費者金融などから融資、借り入れをすればいいのでは?」と考える方もいると思いますが、銀行や消費者金融から融資、借り入れをおこなう場合、申し込み後に審査を受ける必要があります。

審査を通れば融資、借り入れが可能になりますが、昔と比べ、現在では審査基準のハードルは格段に上がっていますし、数十分で手続きが完了する会社も少なくなっています。

これらの事を考慮すると、「急な出費には現金化」と言う選択が一番ベストと言えますが、これから申し込む方は、現金化が利用出来る銀行口座なのかを事前に確認する必要があります。

色んな現金化業者が何社も存在しますが、そのほとんどがオンライン上での手続きとなり、その後、入金をおこなうと言うスタイルになります。

つまり、振込先口座を持っていないと現金化業者を利用しても現金が入金されないと言う事になります。

また、振込先口座を持っている方でもいくつか注意点がありますのでこの機会に覚えておきましょう。

業者によって取り扱っている銀行口座は異なります。

大手銀行の口座のみ対応している業者もあれば、郵便局の口座のみ、ネットバンクのみという業者もあります。

業者側で柔軟に対応出来るなら安心なのですが、手数料などを考え、少数の口座のみに限定している場合も少なくありません。

そのため、これから携帯電話のキャリア決済現金化サービスを利用される方は、自分の持っている銀行口座を確認してみましょう。

地方銀行の場合は取り扱われていない事もありますので、そのようなケースだと入金してもらえない事も考えられます。

前もって現金化専用の振込先口座を作るのもいいとは思いますが、時間も掛かりますし面倒です。

一つの業者に絞るのではなく、色々な業者のサイトを見て確認する事をオススメします。

携帯キャリア決済現金化

サイトに対応している銀行を記載していない場合もありますので、そのような場合は業者に問い合わせてみましょう。

問い合わせをすると、その業者の対応も確認出来ますので一石二鳥です。

後悔しないためにも銀行口座の確認は必ずおこなうようにしましょう。

振込手数料の確認!!

携帯電話のキャリア決済現金化に対応している銀行口座なのかを確認する事は大切ですし、もし利用しようと考えている業者が自分の持っている口座に対応していなければ新たに口座を開設するか、別の業者を探すしかありません。

今現在、ほぼ全ての業者はどの銀行にも対応していると思いますが、ごく稀に地方銀行は対応していないと言う場合もありますし、ネットバンクのみ取引可能と言う業者もあります。

そのため、その業者で利用できる銀行口座なのかを確認する必要があるのですが、その他にも振込手数料について確認する必要があります。

振込手数料とは、振り込みをおこなった場合に掛かる手数料の事を言います。

振込手数料は銀行によって変わってきます。

同じ銀行同士なら振込手数料が無料になる場合や、安くなる事もあります。

また、こちらは稀ですが、逆に手数料が比較的高くなってしまう場合もあるため注意が必要です。

地方銀行やあまり知られていないマイナーな銀行だと手数料自体が高くなってしまう場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

携帯電話のキャリア決済現金化業者を利用した場合、ほとんどは利用者側で振込手数料を負担する事となります。

つまり、入金される金額は「業者側の取り分」と「手数料関係」を差し引いた金額となりますので、少しでもお得に利用するのなら、入金先の銀行口座はしっかり確認しておく必要があります。

現金化する金額次第では振込手数料が高くなってしまう事もあります。

考えている以上に多額の費用が手数料として引かれる事もありますので、決済金額に関わらずしっかり手数料関係は確認しておきましょう。

携帯キャリア決済現金化

また、何度も現金化を利用する方は手数料自体が勿体ないので、なるべく手数料が掛からなくて済む口座を用意する事をオススメします。

ですが、やはり一番効率的なのはインターネットで取引可能なネット銀行だと思います。

お金の動きをネット上で常に確認出来ますし、土日祝日にも対応している事が多いです。

今では沢山のネット銀行があるため、業者側でも有名なネット銀行の口座を利用している場合が多いです。

出来るなら知名度の高いネット銀行を一つくらい作っておくと今後便利に利用出来ると思いますよ。

携帯電話の機種にも気をつけよう!

今では、ガラケー、スマートフォン、iPhoneなど沢山の機種があります。

ただ、全ての携帯機種で現金化出来るわけではありません。

中には対応していない機種もあります。

携帯電話で現金化をおこなう場合に、まず、キャリア決済機能に対応しているか確認する必要があります。

携帯電話の種類

iPhoneであれば問題なく対応していますので携帯電話の現金化サービスを利用出来ます。

スマートフォンの場合は、らくらくフォンだと利用出来ない場合があります。

らくらくフォンは必要最低限の機能を備えた比較的本体価格の安い携帯電話になりますので、電話、メール、最低限のアプリにしか対応していない場合がほとんどです。

そのため、キャリア決済機能が付属されていない場合がほとんどですので、もしらくらくフォンから現金化を利用しようとしているのであれば、キャリア決済機能に対応しているのか一度確認する必要があります。

その他のスマートフォンであれば問題なく現金化サービスを利用出来ますので安心です。

ガラケーの場合は、発売された時期によって異なります。

基本的には2013年以降に発売された機種であれば、キャリア決済に対応していると思うのですが、2013年以前に発売された機種の場合、対応していない可能性の方が高いです。

そもそも、キャリア決済機能とはスマートフォン、iPhone向けのサービスになるため、ガラケーでは利用出来ない場合が多いです。

そのため、ガラケー利用者は現金化前に必ずキャリア決済機能に対応しているのか確認する必要があります。

利用次第では携帯電話が利用停止になる可能性も

携帯電話を使ってお金を工面したい、現金を用意したいと考えている方の手法としてキャリア決済枠の現金化が挙げられます。

突然の出費や交際費の工面、何かしらのアクシデントで急にお金が必要になった場合に大変役立ちますし、携帯電話の現金化には色々なメリットがあります。

ですが、使い方次第では、携帯電話を強制的に利用停止にされる可能性もありますので注意して下さい。

携帯キャリア決済現金化

当たり前の事ですが、携帯電話のキャリア決済枠は、買い物に利用するために設定されています。

そのため、このキャリア決済枠を現金化する事自体を携帯会社は認めていません。

それにも関わらず、携帯電話のキャリア決済枠を現金化し、その行為がお使いの携帯会社にバレてしまったら携帯電話が利用停止になってしまうこともあります。

もちろん判断するのは携帯会社ですから、判断基準は異なります。

ですが、少しでも疑われてしまった場合、利用停止の処置を受けてしまう事も考えられますので注意しましょう。

携帯会社は購入商品の利用履歴を確認している?

携帯キャリア決済現金化

携帯会社は利用者がどのような商品をキャリア決済枠で購入したのか確認する事が出来ます。

そのため、キャリア決済枠を現金化するため、購入商品を転売するために利用していると判断されてしまった場合、お使いの携帯電話を利用停止にすると言った処置をおこなう場合もあります。

では、実際、キャリア決済枠で換金率の高い商品を購入し、転売したと言う事実も携帯会社にバレるのかと言う事ですが、こちらはあまり考えられません。

もちろん、おこなおうと思えばいくらでも調査する事は出来ると思いますが、携帯会社がそこまでするという事はまずありえません。

そのような労力を割いてまで本格的な調査をする事は考えにくいですし、そのような調査が出来るとも思えません。

ただ、短期間で一気にキャリア決済枠の上限を上げようとしたり、上限を上げた直後に全ての枠を使い切ってしまえば当然怪しまれます。

転売の有無に関わらず、そう言った怪しい動きをしていると停止処置を受ける事もあります。

また、携帯会社が現金化目的でキャリア決済枠を利用していないか確認するために、購入した商品がきちんと手元にあるのかを調べているのでは?と考えている方もいます。

ですが、このような事は実際おこなっていませんし、実例もありません。

仮にですが、契約住所まで「購入した商品を確認させて下さい」と携帯会社の人間が訪問した場合でも、「そんな義務は一切ありません」と断れば全て終わります。

そのような捜査権は携帯会社の一社員にありませんし、強制される筋合いも理由もありません。

堂々と断って頂いて問題ありません。

先程も説明しましたが、怪しい動きや露骨な動きをしなければ疑われる事はありません。

これらの事を念頭に安全な現金化サービスの利用を心掛けましょう。