毎月の生活に必要な固定費と言えば、家賃、光熱費や保険料、そして携帯電話料金ですよね。

家賃や保険料など毎月の支払い金額が一定なものもあれば、光熱費のようにシーズンによって変動するものもありますし、携帯電話料金も毎月一定の金額ではないと言う方が多いのではないでしょうか。

そこで気になるのが、携帯電話料金の引き落とし時間です。

事前入金をうっかり忘れていた場合も、忙しくて入金に行けなかった場合も、引き落としは待ってくれません。

では、一体いつまでに事前入金していれば引き落としに間に合うのでしょうか?

携帯電話料金の支払い方法

生活スタイルや好みによって、携帯電話料金の支払い方法を選ぶことが出来ます。

メインとして挙げられるのは次の3種類ですが、今の支払い方法が自分の生活スタイルに合っているのか、今一度、見直してみましょう。

もし、今現在の支払い方法が不便だと感じるのであれば、この機会に変えてみるのも一つです。

請求書払い

一つ目の支払い方法として、請求書払いが挙げられます。

毎月、請求書が自宅に送られてくるので、金融機関やコンビニで支払うことが出来るというものです。

現金で支払いを行いたい!という方が好んで選ぶ方法ですね。

他の支払いも全て振込用紙でおこなっている方は、紛失、又は、他の請求書に紛れて届いているのに気づかなかったなんてことには注意しましょう。

クレジットカードでの支払い

そして二つ目にクレジットカードでの支払いが挙げられます。

ポイントを貯めたい、一括で支払いを管理したいと言った場合に選ばれることが多いです。

また、キャリアによって使用料金から還元があったり、携帯の補償があったりとお得なものはポイントだけではありません。

携帯電話料金の支払い方法の中でクレジットカードからの引き落としが一番多くのメリットを受けることが出来ます。

銀行口座からの引き落とし

そして三つ目が銀行口座からの引き落としです。

この支払い方法を選んでいる方は非常に多く、生活費の引き落としの口座をまとめていると管理もしやすく便利ですよね。

しかし、引き落としの日を忘れてしまうと携帯電話料金を払っていない、いわゆる未払いの状態になります。

特に、機種代金を分割で支払っていれば、使用料金と本体代金の両方が料金未払いの滞納者情報として記録されてしまいます。

携帯電話料金の滞納は使っているキャリアの自社ブラックリスト、信用情報機関に情報が載ってしまうことから引き落とし日を忘れることだけは絶対避けたいですね。

携帯電話会社によって引き落とし時間は異なるの?

携帯電話会社による料金の引き落とし時間はそれぞれ異なっているとお考えの方は多いのではないでしょうか。

ソフトバンクはこの時間まで、auはこの時間までと決まりがありそうなものですが、実際には指定した金融機関によって異なるのです。

つまり、キャリアが違っても指定した金融機関が同じであれば、引き落とし時間が同じである場合もあるのです。

しかし、締め日や処理の順番から正確な時間を知ることは難しいため、大まかな目安を知りたいと言うことであれば、金融機関に問い合わせてみるのが良いかもしれません。

携帯電話料金の支払いが遅れた場合の対処法

金融機関によっては、支払口座の入金が当日であっても無事に料金が引き落とされていたと言うことがあります。

しかし、それは本当に間に合ったと言うことなのでしょうか。

ここからは、携帯電話料金の支払いが遅れた場合の対処法を紹介したいと思います。

「当日入金なら間に合う」は間違い!

当日入金で無事に引き落としされていた場合、それは間に合ったと言うことではなく、その日の中で数回引き落とし処理がおこなわれている最中に入金したため、無事に引き落とされたと言うことになります。

引き落とし処理の仕組みとして、もし、金融機関の引き落とし時間になっても残高不足で引き落としができなかった場合、その日のうちに何度か引き落とし処理がおこなわれるのです。

しかし、これは携帯電話料金以外でのこと。大手携帯キャリアでは事情が異なります。

ドコモやau、ソフトバンクでは、当日の「再引き落とし」はおこなわれないため、前日までに入金ができなかった場合、すぐにお使いの携帯電話会社のサポート窓口まで連絡をするようにして下さい。

支払いが遅れた場合は携帯電話会社にすぐ連絡を

引き落とし日を一回忘れたからと言って即解約にはなりませんが、携帯電話会社にすぐ連絡されることをお勧めします。

反対にやってはいけない行為は放置することです。

先ほども述べたように、営業時間内に入金したから大丈夫だろうと思っていても、再引き落としがおこなわれない訳ですから未入金の状態になってしまうのです。

携帯電話会社のサポート窓口に連絡し、支払いを忘れていたと一言伝えることで、その後の指示を受けることができます。

ドコモの場合、別途指定される日に再度引き落としをおこなってもらえます。

もし連続して振替できなかった場合は、請求書での支払いに変更となる場合もあるので注意して下さい。

auの場合は、再引き落としはなく、後日、自宅に督促状付きの振込用紙が届くので、コンビニや金融機関、auショップでも支払うことが出来ます。

ソフトバンクもau同様、再引き落としはありません。督促状付きの振込用紙が届くというところも同じです。どちらも届いたら速やかに支払いを行なって下さい。

クレジットカード払いなら安全

携帯電話料金の未払いを避けるためには、まず、引き落とし日を忘れないことが重要ですが、もし、引き落としするものが多く忘れてしまうことがあるのなら、支払い自体をまとめるのも一つです。

光熱費や携帯電話料金などをクレジットカード払いにすることで、意識するのはクレジットカードの支払日だけとなります。

ポイントも貯まりますし、管理が苦手な方にとってはオススメな方法です。

最後に

いかがでしたか?

数千円のものでも未払いということになれば、あなたの大切な信用情報にキズをつけてしまうのです。

将来のために困らないように、引き落とし日を忘れないことが一番ですが、起こってしまった場合にも速やかに対応することを心がけましょう。