世の中には様々なビジネスがあり、大規模なものから小規模なもの、近年で言えばSNSを利用したものなど、世の中の広がりに合わせて増えていくものです。

身近なところで言えば、オークションやフリマアプリなどを利用した個人的なビジネスが挙げられますが、その中の一つに「携帯電話の転売」があります。

使用しなくなった携帯電話の機種を誰かに譲るのではなく、リサイクルショップで購入したり、お得な割引キャンペーンで手に入れた携帯電話本体を第三者に転売して儲けている人もいると聞いたことはありませんか?

また、「お金を簡単に稼げる仕事があるんだけど。」と誘われた経験もあるかもしれません。

しかし、「転売」というワードはあまりにもマイナスなイメージを伴います。

実際のところ、携帯電話の転売ってどのようなものなのでしょうか?

携帯電話の転売って違法なの?

儲かると評判の携帯電話の転売ですが、簡単に言ってしまえば、携帯電話の転売は合法と違法の2種類に分けられます。

一体、どのような転売が違法でどうすれば合法に転売をおこなえるのでしょうか?

転売について詳しく紐解いていきましょう。

違法な携帯電話の転売について

違法になる代表的な例として、携帯電話会社と契約済みの通話可能な携帯電話の転売が挙げられます。

これは「携帯電話不正利用防止法」という法律によって規制されています。

目的としては、犯罪などで不正な使われ方をしない・させないようにと言うことで、親族以外の人に通話可能な携帯を譲る場合には携帯電話会社に申請し、許可を得る必要があるのです。

合法な携帯電話の転売について

「携帯電話会社と契約済みであり、通話可能な携帯電話の転売」が違法であると述べましたが、つまりこれは「契約をしておらず、通話ができない携帯電話の転売」は違法にならないと言うことでもあります。

機種変更をおこなった後の使わなくなった古い機種のことですね。

そういった端末のことを「白ロム」と呼びます。

白ロムの転売

携帯電話会社と契約をしておらず、電話番号など通信をするためのSIMカードが挿入されていない携帯電話本体を「白ロム」端末とし、中古品買取業者などで販売しているのをよく見かけます。

しかし、中古携帯電話の買取・販売には古物商の免許が必要になるため、無免許での販売などはもちろん認められていません。

中古携帯電話を購入する際は、古物営業の届出をおこなっている業者なのか確認するようにしましょう。

白ロムを購入するメリットは、通常の価格より安く購入できると言ったことや、すでに生産が終了したモデルも購入できることです。

身近な商品を例に挙げると、スティーブジョブズ氏が開発に関わったiPhoneの人気は今も健在ですが既に生産が終了しているため、コレクターは白ロム端末で旧型iPhoneを購入する傾向にあります。

このように、既に生産が終了した人気モデルでも端末の在庫があれば購入することができるのです。

赤ロムには注意が必要

また、別の言葉で「赤ロム」と呼ばれるものもありますが、これは機種代金の分割支払いの途中で携帯を譲渡したものであり、遠隔操作でロックがかかってしまった端末のことを指します。

SIMカードを入れても使用できないため、購入した時は「白ロム」だったのに「赤ロム」になってしまうと言ったケースもあるのです。

白ロムか赤ロムかを見分けるには、購入する際の商品説明ページにて端末代金を全て支払い済みかをチェックする必要があります。

端末代金の支払いが全て終わっているのなら完全な白ロム端末、仮に少しでも支払いが残っている場合は、購入後に赤ロム端末に変わる危険性が考えられます。

何でも安易に購入していいと言うわけではありませんので注意して下さい。

携帯電話の転売における危険性

正規の値段よりも安く、そして、今手に入らないモデルが欲しいと言った方には白ロムによる携帯端末の購入は魅力的なものです。

このような白ロム端末の需要があるのであれば、それを販売する業者も増えるのは当然ですよね。

先ほども述べたように、法的な免許を取得した状態で白ロム端末を扱うことは違法ではありません。

ただ、転売における危険性を理解しておかなければ、後のトラブルに巻き込まれてしまう可能性も考えられます。

こちらでは、転売において考えられる2つの危険性について説明致します。

法を犯す可能性

「携帯電話の代理購入」と言った高額アルバイトの誘いを受けたり、そのような求人を見たことはありませんか?

キャッシュバックなどのキャンペーンをおこなっている店舗へ行き、携帯電話を複数台契約するだけのアルバイトです。

即日払いで数万円と言った高額報酬も多く、学生など若者をターゲットにしている傾向にあります。

一日数時間で割りの良いバイトと思うかもしれませんが、これは詐欺行為にあたります。

契約してきた端末をそのまま雇い主に譲る行為は、先ほども触れた「携帯電話不正利用防止法」に該当する違法行為です。

それなら、携帯電話の契約を後日解除して、通話ができない状態で転売すれば問題ないのでは?と考えるかもしれません。

しかし、これは転売目的を隠して携帯電話会社と契約する詐欺行為にあたります。

携帯電話会社は契約者本人が携帯電話を利用すると言うことを前提に契約を結びます。

転売目的でこのような行為を繰り返していれば、当然、違反行為と見なされ、ブラックリストに名前が載ってしまい、自分自身で本当に契約したい時に契約そのものができなくなってしまうことも考えられます。

携帯電話会社の定める利用規約を守っていないと言うことで要注意人物と扱われてしまうのです。

犯罪に結びつく可能性

また、白ロム端末が犯罪目的で利用される可能性も考えられます。

そもそも、犯罪で使われる携帯電話の多くは携帯電話会社で契約したものではありません。

身元がバレないよう、白ロム端末に名義の異なるSIMカードが使われるなど細工されているのです。

たとえ、白ロムの販売が違法でなくとも、犯罪に繋がりやすい、利用されやすいと言ったリスクがあることを覚えておきましょう。

まとめ

これらの点を踏まえ、総合的に考えると携帯電話の転売はオススメ出来ません。

購入する場合は赤ロムのリスクが伴いますし、転売する場合は後のトラブルの危険性も考えられます。

どうしても欲しい携帯端末があるのであれば、下調べを十分におこない赤ロムの危険性がないことを把握したう上で購入するのならまだ良いですが、携帯端末を転売する行為はやめた方が良いでしょう。

自分自身のためにも携帯電話は利用規約に則った利用方法でお使い下さい。