携帯電話のキャリア決済現金化サービスを一度ご利用された事のある方は既にお分かりかと思いますが、お手続きの流れは以下の通りとなります。

【ステップ①】
業者のホームページより申込み(所要時間 / 最短3分)
【ステップ②】
業者から指定された商品をキャリア決済を利用し購入(所要時間 / 最短5分)
【ステップ③】
指定商品の購入後、業者に連絡をし商品の買取手続き(所要時間 / 最短10分)
【ステップ④】
利用者の指定する銀行口座に現金が振込まれる(所要時間 / 最短2分)

初めて利用する方や、利用を検討されている方でも、これらの流れをご覧頂ければ、携帯電話のキャリア決済現金化がどのようなサービスなのかある程度の予想が出来ますよね?

簡潔に説明すると「購入した商品を業者に即日買取ってもらう」と言う事になります。

買取方式での現金化サービスと言う事ですね。

現金化方式の違い

現金化手法は「買取方式」「キャッシュバック方式」に分かれる事が多いのですが、どの業者がどの手法で現金化をおこなっているのか判断するためには、業者のホームページを確認する必要があります。

換金率と記載している業者は買取方式を採用していると言えますし、「還元率」と記載している業者はキャッシュバック方式を採用しています。

買取方式

利用者は金券、ブランド品、電化製品のような換金性の高い商品を購入し、その商品を業者に売却する方法になります。

そのときに一番買取レートの高い商品を購入するよう業者から指定される場合が多く、今現在指定される商品はバーチャルギフト券が多いですね。

バーチャルギフト券の売却は、購入後に発行されるギフト券番号を業者側にメールで送るだけで完了するため、手続き自体がスムーズに進むメリットがあります。

キャッシュバック方式

業者が運営しているショッピングサイトから現金化したい金額に近い商品を購入し、その購入の特典として購入代金の一部をキャッシュバックしてもらう方法になります。

ただ、ショッピングサイトから何かしらの商品を購入する事になるため、その購入した商品を実際に受け取る必要があります。

キャッシュバック方式では、商品を受け取って初めて全ての手続きが完了するため、買取方式より手続きが面倒になる事は覚えておきましょう。

買取方式の概要

一昔前までは、買取方式と聞くと「ブランド品、電化製品の買取」がメインとなっていました。

もちろん、商品を売却するためには郵送でのやり取りなど必要となるため、とても面倒な手法でした。

この当時はキャッシュバック方式を中心とした現金化が主流でしたね。

ですが、2010年以降のスマホ、iPhoneの急速な流通により、買取方式で取り扱う商品に変化が見られるようになりました。

スマホ、iPhoneの普及によりインターネットを誰でも手軽に利用する事が出来るようになったため、買取商品もインターネットから気軽に購入出来る商品、郵送の手間が省ける商品に変わっていったのです。

そして今現在はバーチャルギフト券がメインとなっていると言う事になります。

また、昔は買取方式の現金化よりキャッシュバック方式の現金化の方が振込んでもらえる金額が多かったのですが、今では大差ありません。
買取方式でもキャッシュバック方式と同じくらい現金化する事が出来ます。

手続きにおける所有時間や手軽さを考えるとキャッシュバック方式より買取方式の方がメリットが大きいと言えますね。

携帯電話のキャリア決済現金化サービスは買取方式

携帯電話のキャリア決済現金化サービスを提供している業者は基本的に買取方式を採用しています。

キャリア決済を利用して購入する商品はバーチャルギフト券がほとんどですね。

主にアマゾンギフト券やiTunesカードになります。

携帯電話の機能が発展し、今では月々の携帯電話料金と合わせて支払うことが出来るキャリア決済に対応したネットショップも数多く存在しています。

そのキャリア決済を利用した次世代のサービスである「携帯電話のキャリア決済現金化」が今現在多くの注目を集めています。

携帯電話を持っていれば誰でも利用出来るサービスのため、多くの方の資金繰りに役立つと言えます。

もし、急な出費でお困りの方がいるのであれば、一度利用を検討しても良いかと思いますよ。