換金率は業者によって異なります。

携帯電話のキャリア決済現金化の換金率の相場は平均すると約70%前後になっていますね。

クレジットカードのショッピング枠に比べると携帯決済枠は少額になってしまう事から、業者側でもあまりサービス出来ないと言うのが現状です。

ですが、せっかく利用するなら1%でも高い換金率で現金化してくれる業者を選びたいですよね?

そこで、携帯電話のキャリア決済現金化サービスを利用する方に、少しでも高い換金率でご利用頂くための重要ポイントを紹介したいと思います。

換金率が60%前後の業者は利用しない

現金化業者を選ぶ際の注意点

先程、携帯現金化の換金率の相場は約70%前後と説明しましたが、あくまで平均です。

数ある業者の中には60%後半の換金率に設定されている所も多数存在します。

現金化業界全体で見ても、この60%後半の換金率はかなり低い設定となります。

やはり最低でも70%は欲しいですよね。

取り急ぎ現金を工面したいと言う気持ちは分かるのですが、換金率を他業者と比較しないまま利用してしまうと間違いなく損をしてしまいます。

そのため、急いでいても、色々な業者の換金率を必ず比較し、その中で一番高い換金率設定の業者を選ぶようにしましょう。

手数料が一切必要ない業者を選ぶ

手数料が無料

高換金率をあからさまに記載している業者によく見受けられるのですが、初めに高い換金率で利用者を誘い、申込み後に決済手数料、決済代行手数料、消費税など多数の名目で金額を差し引き、最終的に振り込まれた金額はかなり低くなってしまうと言う場合もあります。

そもそも換金率の設定として、一律85%や一律90%などでサービスを提供してしまうと業者側は完全に赤字になります。

申込金額によってパーセンテージが変わるのは当たり前ですし、どんなに高くても80%前後の設定になるのが常識です。

また、後になって手数料を差し引く業者は利用者とのトラブルが多いと言えます。

初めに説明した金額と異なる訳ですから、当然利用者は納得出来ませんよね?

要するに、高換金率をあからさまに記載している業者は、悪質なサービスを提供している場合が多いと言う事です。

このような業者を利用しないための見極め方としては、サイト内にしっかり手数料関係の有無を記載しているかどうかですね。

正規の業者であれば、初めから「振込手数料のみご負担頂きます」「手数料関係は一切不要です」などしっかり記載しています。

利用するなら必要事項をしっかり説明している業者を選びましょう。

キャンペーンを利用する

現金化業者のキャンペーン

現金化業者は他社との差別化を図るために色々なキャンペーンを用意しています。

「友達紹介特典」や「初回利用の方限定クーポン券プレゼント」など内容は様々です。

ですが、数あるキャンペーンの中でも一番利用する価値のあるキャンペーンは「換金率アップキャンペーン」です。

こちらの「換金率アップキャンペーン」は、通常の換金率に対してさらに換金率がプラスされる一番お得なキャンペーンと言えます。

換金率も1%違うだけで振込金額が大きく変わってきますので「換金率アップキャンペーン」をおこなっている業者は積極的に利用しましょう。

まとめ

以上が携帯電話のキャリア決済現金化サービスを利用するにあたっての重要ポイントになります。

こちらを踏まえ、少しでも換金率の高い業者を見つけて下さい。

現金化サービスを利用するからには損をしない業者選びが非常に大切です。

そのため、利用する業者を選ぶ際は、後から後悔しないためにも、慎重に業者を吟味して下さい。