携帯端末の分割払いで注意すべきこと

携帯電話は毎日の暮らしに欠かせないものであり、個人的に利用していてもインターネットや通話など自然とビジネスシーンで使う機会も多いのではないでしょうか?

通信速度や容量など様々な契約プランがありますが、毎月の支払いでボリュームを占めるものが携帯端末の支払いです。

毎月の割引があるので実質無料で携帯電話を持てますよ!と説明を受けたため、お得に携帯端末を持っていると思っていても実際は少し異なる場合もあるのです。

そこで今回は、携帯端末の分割払いで注意すべき点について説明させて頂きます。

携帯端末の分割払いは本当にお得なの?

携帯端末の分割払いは本当にお得なの?

携帯電話を契約する際、基本的に端末代金を一括で購入される方は少ないのではないでしょうか?

それもそのはず、携帯端末は7万円から10万円と非常に高額なため、一括で支払うことは心理的にも金銭的にも負担が大きいですよね。

そこで、キャリア側が用意する分割払いでの購入、及び、契約を前提とした割引プランを利用することで、契約者はあまり深く考えず「お得」だと思い契約してしまうのです。

携帯端末の代金は必ず支払うことになる

毎月発行される携帯電話の利用明細を見ても「月々割」や「毎月割」と言った各キャリアの設定している割引プランのおかげで端末代金自体が相殺されている場合や数百円単位と少額で収まっていることから、端末代金の負担を気にしなくなることがあります。

そのため、毎月の携帯電話料金の支払い額を抑えたいと考えるのであれば、通信料や通話料金に目が向いてしまいます。

ですが、実際には携帯端末の代金をしっかり払っていることを忘れてはいけません。

どれだけ「実質0円」と言われても、2年間で携帯端末の代金を分割して払っていることに変わりないのです。

割引プランが適応になっているからと言っても0円になることはありえません。

一括払いと分割払いどちらがお得なの?

一括払いと分割払いどちらがお得なの?

携帯端末の支払いに使えるほどの余裕が金銭的にない場合や手持ちが少ない場合、分割出来るのであればその方がいい!と思ってしまうことはよくあります。

分割払いより一括払いの方が圧倒的にお得であれば多少無理してでも一括で購入した方が良いかと思いますが実際どうなのでしょう?

2年契約と言う縛りの中で見れば分割払いも一括払いも支払う料金に大きな差はありません。

では一括払いの場合、どのようなメリットがあるのでしょう。

携帯端末を一括で購入した場合、毎月の支払い額を減らせると言うメリットがあります。

契約時に端末代金を全額支払うため、毎月掛かる固定費用が少なくて済みます。

心理的な負担も軽くなりますよね。

その上、家電量販店で携帯端末を購入した場合、その家電量販店でのポイントが付くのでとてもお得です。

還元率が10パーセントであれば10万円で携帯端末を購入した場合に1万円分のポイントが付く計算になります。

キャッシュバックではないため安くなると言うことではありませんが、獲得したポイントで携帯カバーやシート、他にも必要なものがあればポイントで家電などを購入出来るため、総支出で見れば家電量販店での一括購入のメリットは大きいですね。

この場合、ポイント還元率にも注目したいところです。

対して分割購入の場合、その場での支払いがないため、審査さえ通ってしまえば簡単に携帯端末を手に入れることが出来ます。

そのため、毎月の通信料や基本料金のみで最新機種を手に入れられると思ってしまうことから、携帯端末の代金を一括で支払ってまで出費を抑える必要はないと思われる方もいらっしゃることでしょう。

しかし、分割購入には大きなデメリットも伴うのです。

分割払いのデメリット

分割払いのデメリット

まず、携帯電話を購入された経験のある方なら必ず耳にする「2年契約」。

2年契約を結べば端末代金も実質無料でお得ですよ!と言う内容ですが、実は様々な制約が伴います。

契約途中での解約、機種変更は違約金が発生する

まず、2年契約でお得なのであれば、反対に2年使わないと損をする!と言うことを覚えておきましょう。

つまり、いかなる状況であっても契約時の携帯端末を必ず2年間使用しないと損をしてしまうのです。

要は、2年以内に解約した場合、違約金が発生してしまい、その上、端末代金が実質無料となっていた割引自体が適用されなくなり残金を支払うことになります。

残金の支払いは一括でおこなう必要はありませんが、割引がなくなる点と違約金の二点を考えると、2年契約は「常に最新機種を持ちたい!」と言う方にオススメは出来ません。

分割払いはローン契約と同じ

見えないだけで毎月の利用明細に端末代金が含まれていることはすでに述べました。

詳しく言えば、毎月の支払いは一回でも携帯端末の代金を分割支払いにすることで「端末代金のローン契約」と「携帯電話の利用料金」の二つを同時に払っていることになります。

このローン契約と言うものは、家を購入するときや車を購入するときのローンと同じなのです。

つまり、何らかの事情で支払いが遅れると未払情報が二件登録されてしまいます。

一ヶ月の滞納でも記録に残りますが、これが三ヶ月以上の滞納となると、支払いをしても5年間は信用情報機関に記録として残ります。

信用情報機関にブラックリストとして登録されてしまうと、生活上での様々な不便は避けられません。

料金を支払えない!と言う最悪な状況を避けるためにも、最初に一括払いをしておいたほうが安全とも言えますね。

携帯端末の購入は慎重に

携帯端末の購入は慎重に

一括払いでも、ある一定の条件を満たすことで分割代金と変わらない割引サービスを受けることが出来ます。

そのため、携帯電話を新しく手に入れたいのであれば「実質0円」ではなく「一括払い」の方が様々なリスクを考慮すると安全だと言えます。

また、キャリアによっては指定機種がお得に安く手に入れられる乗り換え割引もおこなっているので、そのようなプランも積極的に活用していきたいですね。