ドコモのキャリア決済には「ドコモケータイ払い」「ドコモ口座」の他に「spモード決済」が存在します。

もちろんドコモケータイ払い、ドコモ口座では現金化サービスを利用する事は出来ますが、spモード決済から現金化サービスを利用出来るのか気になりますよね?

結論からお伝えすると現金化サービスを利用する事は出来ます。

ただ、spモード決済の場合、ドコモケータイ払いやドコモ口座に比べると少し手間が掛かってしまいます。

難しい手続きなどは一切必要ないのですが、現金化サービスを利用する前に多少の作業が必須となります。

そこでこちらでは、spモード決済を利用してどのように現金化すればよいのか、その方法を詳しく紹介させて頂きます。

spモードの概要

spモード説明

spモードとは、ドコモが提供しているスマートフォン向けインターネット接続サービスです。

ドコモのキャリアメール「@docomo.ne.jp」を利用出来る方であれば「spモード」を利用する事が出来ます。

多くの方は「spモードメール」として認識しているのではないでしょうか。

ドコモが提供する独自のオンラインサービスと言えますね。

また、こちらの「spモード」はコンテンツ決済(spモード決済)にも対応しています。

馴染み深い例としては、LINEのスタンプ決済ですかね?

ドコモユーザーの多くはLINEスタンプを購入する際に、LINEカードを使うかspモード決済を使うかの2択だと思います。

このようにspモードはアプリ決済やコンテンツ決済にも対応しています。

spモード決済で利用出来る金額

spモード決済

他のキャリア決済と同様に、spモード決済で利用した代金も、携帯電話料金と併せてお支払いする事が出来ます。

携帯合算払いは全キャリア決済に共通する点ですね。

そこで気になるのが、spモード決済で利用出来る金額だと思いますが、初期状態であれば基本的に「10,000円/月」となります。

また、上限に関しては「30,000円/月」となており、spモード決済の金額はドコモケータイ払いと共有になっている事を覚えておきましょう。

例)ドコモケータイ払いの決済枠が30,000円の場合
【spモード決済で10,000円利用した際の計算方式】

30,000円-10,000円=20,000円

ドコモケータイ払いでは残り20,000円を利用する事が出来る計算となります。

spモード決済を現金化するには?

spモード決済で現金化する方法

spモード決済はアプリ決済やコンテンツ決済には対応しているのですが、商品の購入などには対応していない場合が多いです。

ネット通販などでは主にドコモケータイ払いがメインとなっている場合が多いですね。

そのため、現金化サービスではspモード決済を利用する事が出来ないのでは?と思われがちなのですが、spモード決済でも現金化する方法はあります。

spモードは「スマートフォン向けインターネット接続サービス」であると言う事は既に上記で説明致しましたよね。

と言う事は「ドコモ口座」を利用出来ると言う事になります。

そのため、spモード決済を現金化する場合はドコモ口座で現金化する流れとなるのです。

ドコモ口座はドコモユーザーであれば誰でも開設する事が出来るため、spモード決済から現金化サービスを利用する上で一番適した方法と言えます。

詳しくは「ドコモ口座の現金化専門店を紹介」をご覧下さい。

まとめ

ドコモには複数のキャリア決済サービスが用意されているため、少し複雑に感じてしまうかも知れませんが、簡単にまとめると下記の通りになります。

① ドコモケータイ払い=現金化可能
② ドコモ口座=現金化可能
③ spモード決済=ドコモ口座として現金化可能

ドコモユーザーは、どちらの決済方法で現金化サービスを利用するのか事前に確認の上、申込手続きをおこなう事をおすすめします。